fc2ブログ

シャンプーボトル胃ろう

シャンプーボトルでの胃ろうの原型は

経腸栄養剤の固形化
参考資料PDN・HOME > トラブル&ケア > 経腸栄養剤の固形化
の注入方法を


50mL注射器(カテーテルチップ)

シャンプーボトル



に変えた方法です。


2年半の間に
ボトルの種類/自作ルート/ボトルやルートの管理洗浄方法/栄養剤の変更/乳酸菌の投与
など手探りのなか、進化し現在ある程度の形が出来上がってますが未だこれからも進化続けて行きたいと思います(母の命のある限り)


ボトルやルートの管理洗浄方法をきちんと実行すれば
50mL注射器(カテーテルチップ)より簡単注入でより安全で
短時間注入3~5分が可能になります。


2年半の実績がその証です。


※寒天型で注射器注入する場合はゆっくりならば全く問題はありませんが早めに注入すると食道の空気が気管の方への強く押し出されます。食道に飲み込んだ唾や痰がある場合、エアーにより押し戻され気管に入る危険があります。また参考資料内の下痢も全く同じ原因かもと?思われます。もう一つ体温と栄養剤の温度差が問題のような気もします。。シャンプーボトルの場合は早く注入しても下痢への影響はありませんでした。シャンプーボトルでの注入の場合ほぼ均等に定圧で注入されます。経験上ですけど。


スポンサーサイト



テーマ : 介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 胃ろうシャンプーボトル経腸栄養剤

コメント

非公開コメント

いらっしゃいませ
プロフィール

たか♂

Author:たか♂
2008年12月23日迄約2年間胃婁を題材の中心にブログを書いていました。
2年間の記録は私の宝物になりました。
母は亡くなりましたが生きていた証として暫く続ける事に致しました。
※記事に載せてる事を試される場合、必ず医師に相談をして下さい。

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

只今訪問者
現在の閲覧者数:
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック